WHITE HORSEホワイトホース

ホワイトホースは1881年にブレンダーにして起業家のピーター・マッキーによって立ち上げられたブランドである[3]。ホワイトホースの名前は、マッキーの家の近所であり、エディンバラ城にほど近いスコットランド軍の酒場兼定宿であった「白馬亭(ホワイトホースセラー)」に由来する。発売当初のブランド名は「White Horse Cellar」だったが、1960年ごろにCellarの文字が消滅し、ホワイトホースとなった。 ラベルの白馬は白馬亭の看板を描いたもので、下に刻まれた「1742」は白馬亭の創業年である[3]。この旅籠は当時のエディンバラの文人が集う場所として知られ、1745年のジャコバイト蜂起の際にチャールズ・エドワード・ステュアートの支持者が集った場所として、スコットランドの人々にとって自由と独立の象徴であったとされる。 1926年に発明されたスクリューキャップをウイスキーボトルに初めて導入して売り上げを飛躍的に伸ばし、最盛期には年間200万ケース以上を出荷した。 1908年に英国王室御用達。

ホワイトホースは1881年にブレンダーにして起業家のピーター・マッキーによって立ち上げられたブランドである[3]。ホワイトホースの名前は、マッキーの家の近所であり、エディンバラ城にほど近いスコットランド軍の酒場兼定宿であった「白馬亭(ホワイトホースセラー)」に由来する。発売当初のブランド名は「White Horse Cellar」だったが、1960年ごろにCellarの文字が消滅し、ホワイトホースとなった。

ラベルの白馬は白馬亭の看板を描いたもので、下に刻まれた「1742」は白馬亭の創業年である[3]。この旅籠は当時のエディンバラの文人が集う場所として知られ、1745年のジャコバイト蜂起の際にチャールズ・エドワード・ステュアートの支持者が集った場所として、スコットランドの人々にとって自由と独立の象徴であったとされる。

1926年に発明されたスクリューキャップをウイスキーボトルに初めて導入して売り上げを飛躍的に伸ばし、最盛期には年間200万ケース以上を出荷した。 1908年に英国王室御用達。